//philharmonix.cc/phx/wp-content/uploads/2017/02/ödön_racz.png

Ödön Rácz

double bass

 

ウィーン・フィルハーモーニー管弦楽団及び、ウィーン国立歌劇場管弦楽団にて2009年より主席コントラバス奏者として活躍するエーデン・ラーツはハンガリー出身です。その卓越した演奏技術により、「弘法筆を選ばず」と言わんばかりに、どのような楽器をあてがわれても自らの音に染めてしまいます。これまで数々の賞を欲しいままにし、ソリストとしても、ウィーンフィルはもちろんのこと、バイエルン放送交響楽団、フランツ・リスト室内管弦楽団などで多くの聴衆を虜にしてきました。

 

www.odonracz.com

back


フィルハーモニクスは、音楽の喜びがすべてです。
彼ら自身にとっても、そして聴衆の皆様にとっても